DMM FX

兼業投資家がFXで勝つ秘伝書プレゼント!
仕事をしながら、取引時間がない人向け専用
サラリーマンや主婦の方は必見です!

ダメおやじ愛用トレードシステム!LIONFX!
レバレッジ規制対象外!法人口座開設も可能
限定キャッシュバックキャンペーン実施中

クリック証券

FX取引高 世界1位!
最大25,000円キャッシュバック
キャンペーン実施中!

質問:『残像病』(私が命名)って、ありますか?
2017年07月20日 (木) 18:00 | 編集

150331dame_20150401084339bff.png



こんにちは、ダメおやじです。
今回のお悩み相談はこちらになります。


***** ご質問内容 ここから *****************************

『残像病』(私が命名)って、ありますか?
例えば、以前、ドル円がサポートラインをブレイクしたので、
売りエントリー(スキャルピング)をしたところで数秒で結構勝った。
その際は、長期足は下げトレンドでした。

あるとき、5分足を見ていると、以前の動きによく似ており、
またサポートラインを割って大きく勝てるかも?以前の「残像」が浮かびました。
その時、勝った快感も思い出しました。

しかし、長期足は上げトレンド。

ラインで跳ね返される確率の方が高い、ということは分かっています。
分かっているけど、形が本当によく似ていて、ダメだ・ダメだ!と思いながら
残像が浮かびあがって、我慢できずクリック! 売りエントリー。
案の定、跳ね返されて損切り。

そして、そんな自分に腹が立ち、その後、感情トレード↓(‘_’)↓
熱くなってしまいました。反省・反省・反省です。

『残存病』が時々出てしまいます。何か良い処方箋はありませんでしょうか?


***** ここまで ****************************************


■ ダメおやじからの回答

勝ちパターンが100%当たるわけでもないため
まずは思いこまないことが大事です。

いつも負けることも心の片隅に置いて
そうなったときにどうするかまで考えておく癖を付けましょう。
それができれば、腹も立ちませんし、すぐ次どうするかを考えられます。

ただ、今回のトレードでもご自身で違和感があった
ということなので、そのトレード勘は大事に信じていくことも大切です。
そういう感覚が大事なのです。

ただし、先ほども書きましたが、いつもダメだった時の対処も
考えながらどんどん経験を増やしていけば成長するでしょう。

だからこそ、感情的になって大負けするのはダメなんです。
継続してトレードがやりにくくなりますからね。

がんばってくださいね。

ダメおやじのメルマガでは毎日、このような相談に回答しています!
まずはFX勉強会で理解を深めていきましょう。

d_468-60.gif
FX Powered by Dameoyaji
Copyright© 2006-2015 DAMEOYAJI All Rights Reserved.