DMM FX

兼業投資家がFXで勝つ秘伝書プレゼント!
仕事をしながら、取引時間がない人向け専用
サラリーマンや主婦の方は必見です!

ダメおやじ愛用トレードシステム!LIONFX!
レバレッジ規制対象外!法人口座開設も可能
限定キャッシュバックキャンペーン実施中

クリック証券

FX取引高 世界1位!
新規FX口座開設+お取引で
最大30,000円キャッシュバック

踏み上げ相場突入か
2007年06月30日 (土) 20:32 | 編集
円高にも負けないポジションを!1日42,500円スワップ金利生活☆複利運用効果でFXの魅力を体験!3位の新米金持ち父さんの記事をチェック!→人気blogランキング

ポンド円コマ足0630 ポンド円レンコン足0630

ポンド円鍵足0630
※画像をクリックして頂けると大きくなります。(左上:コマ足 右上:レンコン足 左下:鍵足)

先週末につけた高値から今週の前半の3日間で4円ほど急落し、一時は大きな調整場面を迎えるのかと買い場を虎視眈々と狙っていたのですが、水曜日に243.96円という安値をつけ、NYの引けまでに大きく切り返し下ヒゲを伸ばした状態で引けたかと思ったら、週末には先週末につけた高値(247.93円)にもう一息で面あわせという場面もありました。

結局引けでは40~50銭ボケて引けることになりましたが、今週の動きを見ていましても上向きの流れには変化がないようです。前半の突っ込みでふるいにかけられた買い方もたくさんいらっしゃるでしょうし、このぶんだと大衆の買い方不在の相場となってしまいます。

そういった状態になると、ここから上には抵抗もなくいったん上向きの方向に走ると歯止めが効かなくなり片側一方通行の恐ろしい相場につながる可能性があります。値段が値段だけに売り方としましても簡単には踏めない状況だと思いますし、そういった不動の売りポジションが踏み上げに入ると想像も付かない値段が付く事になるかもしれません。

私のつけているテクニカルチャート、コマ足、レンコン足、鍵足0.5%は揃って上向きの線になっており、この値位置で往来相場になる確率は極めて低いと思います。来週も引き続きこの流れが継続していくことと思いますので、月曜日からは日本時間のボケたところでチャンスを覗いたいと思います。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
最新!取引コスト一覧表
2007年06月30日 (土) 18:03 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

取引コスト一覧表  6/29 現在
FX業者ドル円ポンド円
外為どっとコム1419
FXCMジャパン510
ひまわり証券1519
マネーパートナーズ39
セントラル短資1518
オリックス証券712
上田ハーロー812
三貴商事610
外貨ex39
トレーダーズ証券1318
アクロスFX1318
FXプライム814
オクトキュービック912
121FX38
外為オンライン38
三菱商事1518
FXオンラインJ39
JNS47
三井物産914
FXA証券27
AFT38
SAZA38
ヒロセ通商36
GMO証券26
アトランティックトレード38
NTTスマートトレード1518
すばる証券39
MJ37
フォーランドオンライン59

取引コストとは、「手数料+スプレッド」の合計の事で、私たちトレーダーが売買する時にかかるコストになります。これが低ければ低いほど利益に直結しやすい事になりますので、売買手法もそうですが徹底比較が必要だと思います


6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
新日本通商、東京進出!
2007年06月30日 (土) 14:33 | 編集

外為オンライン06302


月間取引高が4兆8,479億円!
  
  新規口座開設件数は業界屈指の伸び!

外為オンライン0630
※画像をクリックして頂けると大きくなります。

破竹の勢いでFX業界を席巻している新日本通商なのですが、ついにこの勢いそのままに千葉県から東京へ進出を果たしました。これでショッピングや仕事帰りなどでも気軽に会社へ遊びに行けると思いますし、ちょっと昼休みにでも会社見学!と言う事も良いかもしれませんね。また、毎週、水曜日に「初心者セミナー」を開催しているようなので、これまでFXで疑問に思っていることや分からない事なども直に聞けるチャンスです。会社見学を兼ねて、セミナーに参加してみては如何でしょうか。

外為オンライン手数料無料、スプレッドがドル円1から!
信託保全、レバレッジ200倍、イーバンク銀行と業務提携で24時間手数料無料の口座開設可能!新機能も順次リリース予定で、ついにFX業界のカリスマが動き出す!
今週の為替相場とランド円のポイント
2007年06月30日 (土) 14:18 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

ランド円コマ足0630
※画像をクリックして頂くと大きくなります。

(コマ足の見方)
陽線()→買いサイン
陰線()→売りサイン

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

今週の為替相場は序盤、尾身財務相が「7カ国(G7)は一方向に偏るリスクを認識すべきということで一致している」とのコメントや高値警戒感から来る持ち高調整などで円高が進行しました。また、米5月新築住宅販売件数や米6月消費者信頼感指数が予想を下回る結果となりましたが、リッチモンド連銀製造業指数が予想を上回る結果となり強弱入り乱れての結果となり、円高傾向のままFOMC発表待ちのムードが漂っておりました。

FOMC発表では金利においては、市場予想通り据置きを決めましたが、声明ではコアインフレは改善しているものの、「インフレリスクを主に懸念」とし引き続き主要政策問題としての認識を表しました。また、サブプライム問題においては「進行中の住宅セクターの調整にも関わらず、経済は緩やかなペースで拡大を続ける可能性が高い」としてそれほど問題視しなかったようで、NY株式市場も比較的安定した動きとなった事から、尾身財務相コメントから来る一連の円高調整リスクは落ち着きを見せ、再び金利差をテーマとした相場が戻りつつあるようです。

さて、ランド円のコマ足はしっかりとした陽線を形成しております。5月の南アフリカマネーサプライ(M3、季節調整済み)伸び率は前年同月比22.67%増と市場予想を上回る結果となっており、5月南アフリカ生産者物価指数(PPI)など、ランドは好調な経済状況から更なる上値を目指して上昇していきそうな様相となっているようです。また、円相場が弱い状況が続いており金利差重視の円キャリートレードが続く事が考えられますが、中銀によるランド売り介入懸念が捨てきれず注意は必要と思われます。

商品市況では金・原油ともに上昇となっております
金相場はドル安や原油相場の上昇を受けて上昇となったようです。原油相場は、週間在庫統計での在庫減少を受けた供給ひっ迫懸念や米製油所稼働率の5週間ぶりとなる上昇で、ガソリン需要増加に向けた原油供給が強まるとの見方から上昇となったようです。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ


NZドル円、さらなる追加利上げ論!?
2007年06月30日 (土) 11:15 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

NZドル円コマ足0630
※画像をクリックして頂くと大きくなります。

(コマ足の見方)
陽線()→買いサイン
陰線()→売りサイン

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

昨日のNZドル円相場は東京為替市場で、NZ1-3月期GDPが発表となり前期比+1.0%、前年同期比+1.7%と市場予想の範囲内であったため、値段への影響は限定的であったようです。しかし、NZカレン財務相が需要、所得増によるインフレ圧力の増大に言及した事や、先に発表されたGDPでは家計消費支出の伸びも見られる事から、内部要因としては強い内容となり、本邦経済指標がぱっとしない内容だった事から金利差重視のNZドル人気が高まりました。

欧米市場では、ロンドンで大掛かりな爆発物が発見されたという報道で地政学的リスクの高まりや、サブプライム問題への懸念が蒸し返されNY株式市場が弱含むとリスク許容度の低下から円買戻しの動きが強まり軟調な動きとなりました。また、対ドルでは依然としてNZ中銀によるNZドル売り介入が懸念されている事から、上値を重くした展開となったようです。

コマ足で見るとしっかりとした陽線を形成しております。
これまでもダマシを作りながらの上昇となってきたのですが、今回も陰線2本と少ない数で反発してきましたので、このまま上昇となるならば今後大きな調整が来たときには再び意識されるポイントとなる可能性があります。NZはGDP発表が示すように経済状況が好調である事から、さらになる利上げ期待が高まりつつあるようです。

移動平均線と値段の関係から見ると、円高調整をこなしながらでも値段や移動平均線の向きなどを見ると依然として強い線であると見る事ができます。ここら辺りで調整をこなしていくならさらなる上昇は十分見込める状態となってきます。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
ユーロ円、3役揃っての買いサイン点灯
2007年06月30日 (土) 10:36 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

ユーロ円コマ足0630
※画像をクリックして頂くと大きくなります。

(コマ足の見方)
陽線()→買いサイン
陰線()→売りサイン

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

昨日のユーロ円相場は東京為替市場で、朝方発表となった本邦経済指標で5月失業率や5月全国消費者物価指数(CPI)の結果が、失業率では市場予想を下回る好結果となりましたが、CPIが弱含む内容であったために円が売られやすくなりました。また、本日は年金資金を基にした外貨建て投信の円売りがあり、金利差重視の円キャリートレードが起こりやすくなったようです。

欧米市場でも本邦経済指標がぱっとしない内容だった事や、日経平均株価が200円を超える上昇を示した事で、引き続き円キャリートレードがおこりやすい環境が整い、月末絡みとみられるユーロ買いも優勢になり上昇となりました。また、モデルファンド筋の買いにユーロ導入来最高値まで値を伸ばす所がありました。

コマ足では陽転となりました。
レンコン足も陽転となってきましたので、ポンド円同様にユーロ円も3役揃っての買いサインを点灯するに至りました。内部要因としては、この頃若干落ち着きを見せているようですが、マネーサプライは好調な伸び率を示しておりまして、今後の利上げ観測の早まりを後押しする格好となるのではないかと思います。

移動平均線と値段の関係から見ると、日足では25本線と75本線も上向き基調となっている事から流れとしては強いのではないかと思われます。調整局面で下げはありましたが、この調整局面を過ごして再び上昇に転じる動きとなると面白くなるのではないかと思います。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
ドル円、原油価格高騰が与える影響
2007年06月30日 (土) 09:30 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

ドル円コマ足0630
※画像をクリックして頂くと大きくなります。

(コマ足の見方)
陽線()→買いサイン
陰線()→売りサイン

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

昨日のドル円相場は東京為替市場で、朝方発表となった本邦経済指標で5月失業率や5月全国消費者物価指数(CPI)の結果が、失業率では市場予想を下回る好結果となりましたが、CPIが弱含む内容であったために円が売られやすくなりました。また、本日は年金資金を基にした外貨建て投信の円売りがあり、金利差重視の円キャリートレードが起こりやすくなったようです。

欧米市場では米5月PCEデフレーターや5月PCEコア・デフレーターは市場予想通りの数値だったので然程反応はしませんでした。また、米6月シカゴ購買部協会景気指数や同6月ミシガン大消費者信頼感指数は市場予想より良かった為に円売りドル買いが強まりましたが、ロンドンで大掛かりな爆発物が発見されたという報道で地政学的リスクの高まりや、住宅ローンのアメリカン・ホーム・モーゲージ、スリーコムが予想を下回る決算を発表したためサブプライム問題が再び蒸し返されNY株式市場が軟調な動きとなると円キャリートレードの逆回転を招き結局、往って来いの相場展開となりました。

コマ足で見ると陽転してきました。
これまでもダマシや押しを作りながら上昇してきたのですが、今回も3本陰線を形成して陽転となった事で、見た目上は程よい押し目となった可能性もあります。ただ、レンコン足がまだ陰転中となっておりますので、3役買いサインが揃うのが待たれる所です。また、原油価格が上昇し続けておりますので、今後のドライブシーズンを控えてガソリン価格の高騰からインフレ懸念がさらに深まるのではないかと思われます。

移動平均線と値段の関係から見ると、日足で25本線を抜ける所までの突っ込みがありましが、そこを抵抗線として再び反発してきました。25本・75本線ともに上向き基調となっておりますので、流れとして上向きには変化がないと思われます。これまでも上昇加熱感も感じられない相場であったので、押し目を狙ってトレードするのが良いのではないかと思われます。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
ポンド円、来月利上げ観測強まる
2007年06月30日 (土) 08:01 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

ポンド円コマ足0630
※画像をクリックして頂くと大きくなります。

(コマ足の見方)
陽線()→買いサイン
陰線()→売りサイン

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

おはようございます。
日本の外貨準備高を積極的にリスクを伴った金融商品で運用しようという機運が高まってきているようですね。これまでは安全と言われてきた米国国債で運用していたようですが、シンガポールなどを引き合いにして今後は積極的に運用と一部報道されたようです。確かに、効率の良い資産運用は個人を超えて国でも大切だと思いますが、年金問題などこれまでの国の対応を見ていると本当に大丈夫なの?全部すってしまわないの?と不安に思うのは私だけでしょうか。。。

さて、昨日の為替相場は東京為替市場で、朝方発表となった本邦経済指標で5月失業率や5月全国消費者物価指数(CPI)の結果が、失業率では市場予想を下回る好結果となりましたが、CPIが弱含む内容であったために円が売られやすくなりました。また、本日は年金資金を基にした外貨建て投信の円売りがあり、金利差重視の円キャリートレードが起こりやすくなったようです。

欧米市場では米5月PCEデフレーターや5月PCEコア・デフレーターは市場予想通りの数値だったので然程反応はしませんでした。また、米6月シカゴ購買部協会景気指数や同6月ミシガン大消費者信頼感指数は市場予想より良かった為に円売りドル買いが強まりそれにつられる形でポンド円も上昇カーブを描きました。ただ、米国のサブプライム問題が再び蒸し返されNY株式市場が軟化するとリスク許容度を低下した円買い戻しも入り結局は往って来いの相場となったようです。

コマ足ではしっかりとした陽線を形成しております。
これでコマ足・レンコン足・鍵足の3役が陽転中と言う事となりましたので、強い買いサインを点灯する事となりました。英国では小売販売店の売れ行きが落ち着いてきたと言う事もありましたが、キング総裁がインフレ懸念を強めるスタンスを崩しておらず、来月利上げを期待する動きでポンドドルなどは鋭角に反応しております。私としてもコマ足他のトレンド系チャートが買いサインを点灯してくれたので、来週からは買い場を探して行きたいと思います。

移動平均線と値段の関係から見ると、25本線につかないまでもその差を近づけて再び上昇に転じました。25本・75本線ともに上向き基調である事から、流れとしては強気が続行中だと思われます。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ

大衆心理
2007年06月29日 (金) 23:01 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

ポンド円5分足0629 ポンド円鍵足0629
※画像をクリックして頂けると大きくなります。(左:5分足 右:鍵足)

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

今日のポンドは昨日の寄り付きに開けた窓を埋めきれずにそのまま上に行ってしまいました。今日も寄付きからしっかりし、20~30銭の押しは道中入るもののそのまま安値を切り上げ、戻り高値を更新しております。

5分足の移動平均線も昨日のNYの引け前にゴールデンクロスをしたまま現在も継続し、上向きの流れとなっております。今のところその流れに変化はなく、順調に上向きに推移しております。NYの引けまでに火柱を上げるようなポイントを作ってくるのでしょうか。

鍵足0.5%も今日の上げで上向きに折れ、陽線の押し目買いならではの線になっております。私としましては、今回の押しがもう少し深くなるものと考えておりまして、手を出す間がなく、あっという間の出来事でした。下値を模索しておりましたが日柄も距離も全く届かず、届かない場合でも私のつけている3つのチャートが揃って陽転してきたら買おうと思っていたのですが、そのポイントが押しが少なかったため今日になってしまいました。

結局、噴いても突っ込んでも手を出せない状況が続いており、押し目買いと思っているだけで身動きが取れない状況が続いております。気持ちのうえでは下を見ずこの位置は高くないと思い込んで取り組んでいるのですが、今の値位置を知っているだけにどうしても高く見えてしまいます。今日はもう手を出せませんが、来週から仕込み場を探したいと思います。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
東京為替市場とポンド円ポイント
2007年06月29日 (金) 18:19 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

今日の東京為替市場は、今朝発表となった本邦経済指標で5月失業率5月全国消費者物価指数(CPI)の結果がでたのですが、失業率では市場予想を下回る好結果となりましたが、CPIが弱含む内容であったために円が売られやすくなっているようです。また、本日は年金資金を基にした外貨建て投信の円売りがあり、金利差重視の円キャリートレードが起こりやすくなっております。

また、その後も日経平均株価が200円を越す大幅上昇となった事から、リスク許容度が増し円キャリートレードが行われ易い展開に拍車がかかる結果となりました。ただ、月末の週末と言う事もあり今後行われるNY市場の指標や動きなどを見極めたいとする向きもあり、今週も最後まで気が抜けない展開となりそうです。

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

今夜は5月の個人所得・個人消費支出(PCE)6月シカゴ購買部協会景気指数などがあります。米国景気はサブプライム問題などの懸念が遠のきつつあり、総じて弱くはない結果となる事が予想されますが、6月シカゴ購買部協会景気指数などは土地柄の関係上、自動車産業の低迷が叫ばれておりますので弱含む所もあるかと思われます。ただ、本邦5月全国消費者物価指数(CPI)も良くなかったですし、これからドライブシーズンを向かえさらに上昇が見込めるガソリン価格など円が売られ易い環境が整っており、結果としての流れへの変化はあまり見られないのではないかと思います。

ポンド円では先程1-3月期の英経常収支が発表となり、市場予想平均よりも赤字幅が大きくなりましたが、5月の英マネーサプライ確定値は前年同月比が上方修正され、5月の英消費者信用残高は市場予想を上まり強弱入り乱れての結果となった事で為替への影響は限定的となりました。しかし、先にもあげたように円売り圧力は強く、ポンドに対してもその金利差をテーマとした売買がメインとなっていると思われます。

今日のポンド円コマ足のスタート値は246.04であり、現平均値は246.89となっておりますので、このままの値段の推移をするならばコマ足は完全な陽線となってくる事が考えられます。これまでのコマ足を見ていましても程よい押し場となるような形となっておりますので、今後の動きにも注目していきたいと思います。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
トレーダーに安心のフォーランドオンライン
2007年06月29日 (金) 14:25 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング


フォーランドFX3


フォーランドオンラインはスワップ金利や手数料コストなどどれをとっても私たちトレーダーには納得の内容となっていると思います。特にスワップ金利では優れていて、建玉を維持したまま、そのスワップポイントだけを自在に出金できるほか、評価益での新規取引も可能となっております。これで毎月のお小遣いだけ出金するとか、複利でスワップを増やしていくトレード法を可能にできますので、スワップ派は必ずチェックしておきたいFX業者の1つだと思います。

また、フォーランドオンラインのモットーは「当たり前のことを当たり前にする」と言う事で、お客様よりの信頼も厚いようで口座開設が何と15分でできるようにお客様の立場に立ったサービスを提供してくれるFX業者のようです。

スワップ運用派の決定版!
業界最高水準のスワップで建玉を維持したまま出金可!入金額がゼロでも3ヶ月間は全機能使いたい放題!
これまでの東京為替市場とランド円ポイント
2007年06月29日 (金) 13:59 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

ランド円コマ足0629
※画像をクリックして頂くと大きくなります。

(コマ足の見方)
陽線()→買いサイン
陰線()→売りサイン

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

これまでの東京為替市場は、今朝発表となった本邦経済指標で5月失業率5月全国消費者物価指数(CPI)の結果がでたのですが、失業率では市場予想を下回る好結果となりましたが、CPIが弱含む内容であったために円が売られやすくなっているようです。また、本日は年金資金を基にした外貨建て投信の円売りがあり、金利差重視の円キャリートレードが起こりやすくなっております。

ただ、今日は月末の週末であり輸出企業の為替予約(円買い)が入ったりとポジション調整によるブレも考えられますので注意は必要だと思われます。今夜は5月の個人所得・個人消費支出(PCE)6月シカゴ購買部協会景気指数などがあります。米国景気はサブプライム問題などの懸念が遠のきつつあり、総じて弱くはない結果となる事が予想されますが、6月シカゴ購買部協会景気指数などは土地柄の関係上、自動車産業の低迷が叫ばれておりますので弱含む所もあるかと思われます。

さて、ランド円のコマ足陽線を形成してきました。
これまで尾身財務相コメントを初めとした円高調整があり、揉み合った展開となっておりましたが、その動きにも落ち着きが出てきており金利差重視の為替相場となりつつあるようです。また、ランドでは5月南アフリカ生産者物価指数(PPI)が発表となり、市場予想を上回る結果となった事から買い人気が集まりました。このように経済状況は強めとなっておりますが、ランド介入売りの選択肢も捨てきれていないようなので注意は必要だと思います。

商品市況では金・原油ともの上昇となりました
金相場は株価上昇でリスク資産の圧縮懸念が後退となった事や、値ごろ感から押し目買いが先行となりました。原油相場は石油製品在庫の減少による供給懸念やドライブシーズンに向けた動きで上昇となったようです。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
カナダドル円、原油高騰が後押し
2007年06月29日 (金) 12:42 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

カナダドル円コマ足0629
※画像をクリックして頂くと大きくなります。

(コマ足の見方)
陽線()→買いサイン
陰線()→売りサイン

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

昨日のカナダドル円相場は東京為替市場で、一昨日のNY株式市場がしっかりとした値動きとなったため円キャリートレードが起こりやすい環境となったようで、本邦5月鉱工業生産・速報値も市場予想を下回る結果となり円売りカナダドル買いが優勢となりました。

欧米市場では5月カナダ鉱工業製品価格指数が前月比0.5%低下と市場予想である0.1%低下を下回り、5月原料価格指数は前月比0.2%低下予想以上に低下となった事から売り込まれる場面もありました。ただ、この所の米国とカナダの景況感格差が意識されべいドル売りカナダドル買いが起こっており、対円との関係場でも金利差を背景とした円売りが活発化し値段を上昇させているようです。

コマ足では陽転となってきました。
これまで揉み合う展開で終始していたのですが、原油価格が70ドルを突破する動いを見せてきており、農産物などの資源国での強みが後押しして上昇に転じてきているようです。オセアニア通貨同様にアジア各国などの新興国の資源争奪戦が起こっておりますので、今後も金利差+資源国としての強みを発揮してくる可能性が出ております。

移動平均線と値段の関係から見ると、値段が25本線をタッチしてから再び上昇に転じており、25本線や75本線も上向き基調となっておりますので、今後の動きも強くなるのではないかと思われます。ただ、まだ両移動平均線との乖離が付いておりますので注意は必要だと思います。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
NZドル円、GDP発表後のポイント
2007年06月29日 (金) 11:26 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

NZドル円コマ足0629
※画像をクリックして頂くと大きくなります。

(コマ足の見方)
陽線()→買いサイン
陰線()→売りサイン

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

昨日のNZドル円相場は東京為替市場で、一昨日のNY株式市場がしっかりとした値動きとなったため円キャリートレードが起こりやすい環境となったようで、本邦5月鉱工業生産・速報値も市場予想を下回る結果となり円売りドル買いが優勢となりました。また、1―3月期のNZ経常収支が22億1700万NZドルの赤字と市場予想平均より改善の向きが確認でき、5月のNZ住宅建設許可件数が前月比で5.5%増加となった事でNZドル人気に拍車がかかったようです。

欧米市場では、FOMC発表で政策金利は予想どおり据え置きを決め、声明ではコアインフレは改善しているものの、「インフレリスクを主に懸念」とし引き続き主要政策問題としての認識を表し、NY株式市場も落ち着いた展開となりましたので、金利差着目の買いが入りやすくなったようです。

コマ足で見るとこま足陰線となっております。
数値的にはほぼ同一と言う事もあり、転換地点を示すサインとなっております。今朝発表になりましたNZ1-3月期GDPは前期比+1.0%、前年同期比+1.7%となり市場予想の範囲内であったため、値段への影響は限定的であったようですが、NZカレン財務相が需要、所得増によるインフレ圧力の増大に言及した事や、先に発表されたGDPでは家計消費支出の伸びも見られる事から、内部要因としては強い内容となっている事が確認できると思います。

さらに、カレン財務相などの発言などからはNZドルの介入売りがなされる可能性は低下しており、今後は金利差重視の買い人気がつきやすい相場と予想されているようです。

移動平均線と値段の関係から見ると、円高調整をこなしながらでも値段や移動平均線の向きなどを見ると依然として強い線であると見る事ができます。ここら辺りで調整をこなしていくならさらなる上昇は十分見込める状態となってきますので、コマ足他などの動きをチェックしつつ見ていきたい所です。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
ユーロ円、今後の戦略とポイント
2007年06月29日 (金) 10:38 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

ユーロ円コマ足0629
※画像をクリックして頂くと大きくなります。

(コマ足の見方)
陽線()→買いサイン
陰線()→売りサイン

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

昨日のユーロ円相場は東京為替市場で、一昨日のNY株式市場がしっかりとした値動きとなったため円キャリートレードが起こりやすい環境となったようで、本邦5月鉱工業生産・速報値も市場予想を下回る結果となり円売りドル買いが優勢となりました。また、外貨建て投信に伴う円売りも開始され円売りに加速を与えました。

しかし、中値後は米系投機筋の一部の円買いドル売りや国内機関投資による円買戻しなどにより再び円を買い戻される動きとなり往って来いの相場展開となりました。

欧米市場では、FOMC発表で政策金利は予想どおり据え置きを決め、声明ではコアインフレは改善しているものの、「インフレリスクを主に懸念」とし引き続き主要政策問題としての認識を表しました。このことによりユーロドルが下落する展開となり、ユーロ債償還絡みの売りなどの要因も重なり上値を重くする動きとなりました。

コマ足で見るとこま足陰線を形成しております。
FOMC発表で円高調整懸念が回避された事で円キャリートレードが起こりやすくなっており、今朝発表された本邦5月全国消費者物価指数(CPI)でも弱い結果となりましたので円売りの材料とされているようです。レンコン足ではまだ赤箱となっておりませんので、コマ足を含めて陽転となってくるまで押し目を狙う戦略を取りたい所です。

移動平均線と値段の関係から見ると、、日足では25本線と75本線も上向き基調となっている事から流れとしては強いのではないかと思われます。調整局面で下げてはおりますが、この調整局面を過ごして再び上昇に転じる動きとなると面白くなるのではないかと思います。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
ドル円、FOMC発表後の戦略とポイント
2007年06月29日 (金) 08:19 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

ドル円コマ足0629
※画像をクリックして頂くと大きくなります。

(コマ足の見方)
陽線()→買いサイン
陰線()→売りサイン

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

昨日のドル円相場は東京為替市場で、一昨日のNY株式市場がしっかりとした値動きとなったため円キャリートレードが起こりやすい環境となったようで、本邦5月鉱工業生産・速報値も市場予想を下回る結果となり円売りドル買いが優勢となりました。また、外貨建て投信に伴う円売りも開始され円売りに加速を与えました。

しかし、中値後は米系投機筋の一部の円買いドル売りや国内機関投資による円買戻しなどにより再び円を買い戻される動きとなり往って来いの相場展開となりました。

欧米市場では米第1四半期GDPは市場予想よりも低い結果となりましたが、FOMC発表では政策金利は予想どおり据え置きを決め、声明ではコアインフレは改善しているものの、「インフレリスクを主に懸念」とし引き続き主要政策問題としての認識を表しました。また、サブプライム問題においては「進行中の住宅セクターの調整にも関わらず、経済は緩やかなペースで拡大を続ける可能性が高い」としてそれほど問題視しなかったようです。NYダウは揉み合った展開で推移しドル円も膠着した推移となったようです。

コマ足では依然として陰線形成しております。
FOMC発表を大きな乱高下もなくこなした事から今後は再び金利差をテーマとした動きが戻りそうな展開となってくると思われます。本日も年金資金を基にした外貨建て投信設定がなされているようですし、株式市場がしっかりとしてくれば円キャリートレードも進むのではないかと思われます。ただ、8:30に5月失業率5月全国消費者物価指数(CPI)発表があります。市場予想では7月2日に発表する企業短期経済観測調査(短観)もあることから、よほどのサプライズがない限りは値段への反応は考えられていないようです。

移動平均線と値段の関係から見ると、日足で25本線を抜ける所までの突っ込みがありましが、そこを抵抗線として再び反発してきました。25本・75本線ともに上向き基調となっておりますので、流れとして上向きには変化がないと思われます。これまでも上昇加熱感も感じられない相場であったので、今後も押し目を形成しながら上昇をするのではないかと思われます。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
ポンド円、本日の戦略とポイント
2007年06月29日 (金) 06:57 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

ポンド円コマ足0629
※画像をクリックして頂くと大きくなります。

(コマ足の見方)
陽線()→買いサイン
陰線()→売りサイン

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

おはようごうざいます。
昨日はちょっと近くに出かけたのですが、蒸し暑かったので久しぶりにパチンコ屋に入ってみました。相変わらず凄い音で耳が痛くなってしまうのが懐かしく、この頃は部屋でブログやトレードをしている環境とのギャップを感じてしまいました。また、今では「必殺仕事人」が流行っているようですね。いっぱい私と同じくらいの年代のサラリーマンが打っていました。CMでは「仕事が済んだ仕事だぜ」と流れていましたが、どう見ても「仕事中だけど仕事だぜ」となっていたのには笑ってしましました。

さて、昨日の為替相場は東京為替市場で、一昨日のNY株式市場がしっかりとした値動きとなったため円キャリートレードが起こりやすい環境となったようで、本邦5月鉱工業生産・速報値も市場予想を下回る結果となり円売りドル買いが優勢となりました。また、外貨建て投信に伴う円売りも開始され円売りに加速を与えました。

しかし、中値後は米系投機筋の一部の円買いドル売りや国内機関投資による円買戻しなどにより再び円を買い戻される動きとなり往って来いの相場展開となりました。

欧米市場では米第1四半期GDPは市場予想よりも低い結果となりましたが、FOMC発表では政策金利は予想どおり据え置きを決め、声明文では「インフレリスクを主に懸念」という表現となりインフレに対する警戒感をあらわにする結果となりました。また、この結果にも関わらずNYダウが比較的しっかりとした事などでポンド円の下値を支えた格好となりました。

コマ足ではこま足陰線となっておりますが、数値的には同値となっておりますので、トレンドの転換を示す結果となっております。また、レンコン足ではNY引値でギリギリ転換値をヒットして陽転となりました。今日の動き方で3役陽転となる可能性がありますので、そうなれば安心して買って行きやすくなるのではないかと思います。今日は8:30から5月失業率や5月全国消費者物価指数(CPI)があるので注目です。

移動平均線と値段の関係から見ると、25本線につかないまでもその差を近づけて再び上昇に転じました。25本・75本線ともに上向き基調である事から、流れとしては強気が続行中だと思われます。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
6月29日(金)気学為替予想!
2007年06月29日 (金) 06:12 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

干支・・・きのえ午

九星・・・六白

日柄と行事・・・天しゃ

太陰暦・・・十五日

六曜・・・先勝→諸事急ぐ事や願い事吉午後は凶控え目

中段・・・たつ→神詣棟上着初開業結婚動土医療船乗すべて吉

二十八宿・・・牛→何事に用いても吉なり

下段・・・神吉→この日は何事にも吉の日なり不浄事は凶

相場の波動・・・高日柄なれど、前日来高きは吹き値売り方針


ここにはいろいろな気学占いがありますが、この中でどの占いが一番自分の注目している通貨にあっているのか!?を研究しながら使ってみれば確実性は段違いにアップします。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
6月29日(金)経済指標発表!
2007年06月29日 (金) 04:08 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

重要度指標内容前回値予想値
-未 定(仏) 5月失業率8.2%8.1%
-未 定(仏) 5月失業者数変化-2.0万人-1.5万人
07:45(NZ) 第1四半期GDP [前期比]+0.8%+1.0%
08:30(日) 5月失業率3.8%3.9%
-08:30(日) 5月有効求人倍率1.051.05
-08:30(日) 5月全世帯家計調査-消費支出 [前年比]+1.1%+0.6%
-08:30(日) 6月東京都区部消費者物価指数 [前年比]±0.0%+0.1%
-(日) 6月東京都区部消費者物価指数 [前年比:除生鮮]±0.0%+0.1%
08:30(日) 5月全国消費者物価指数 [前年比]±0.0%-0.1%
(日) 5月全国消費者物価指数 [前年比:除生鮮]-0.1%-0.1%
-15:00(独) 5月小売売上高指数 [前月比]+2.6%-0.2%
-15:40(仏) 6月消費者信頼感指数-14-14
15:45(仏) 第1四半期GDP [前期比]+0.5%+0.5%
15:50(仏) 5月生産者物価指数 [前月比]+0.5%+0.3%
-17:30(英) 5月マネーサプライM4・確報 [前年比]+13.8%-
17:30(英) 第1四半期GDP・確報値 [前期比]+0.7%+0.7%
-17:30(英) 第1四半期経常収支-127億GBP-116億GBP
-18:00(香港) 5月月次政府財政収支+66億HKD-
-18:00(ユーロ圏) 6月消費者信頼感-1-1
18:00(ユーロ圏) 6月消費者物価指数・速報 [前年比]+1.9%+1.9%
-18:30(英) 6月GFK消費者信頼感調査-2-3
-19:00(日) 外国為替平衡操作の実施状況(5月30日~) [月ベース]0円-
-21:00(南ア) 5月貿易収支-57.0億ZAR-50.0億ZAR
21:30(加) 4月GDP [前月比]+0.3%+0.3%
-21:30(米) 5月個人所得 [前月比]-0.1%+0.6%
-21:30(米) 5月個人支出 [前月比]+0.5%+0.7%
21:30(米) 5月PCEデフレーター [前年比]+2.2%+2.4%
21:30(米) 5月PCEコア・デフレーター [前月比]+0.1%+0.1%
(米) 5月PCEコア・デフレーター [前年比]+2.0%+1.9%
22:45(米) 6月シカゴ購買部協会景気指数61.757.5
-23:00(米) 5月建設支出 [前月比]+0.1%+0.1%
23:00(米) 6月米ミシガン大消費者信頼感指数・確報値83.784.2

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
風見鶏
2007年06月28日 (木) 22:23 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

ポンド円0628
※画像をクリックして頂けると大きくなります。

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

今日のポンドは昨日の下向きの流れを打ち消してしまうような上げに転じ、3円弱の大きな行って来いを1日でやってしまいました。以前お伝えしていた6月18日の朝に開けた窓を昨日の安値で埋めてしまいましたが、今日の寄り付きの跳ね上がりでまたもや窓を開けてしまいました。(5分足の話です)

現在、6円〆台から50銭の間で落ち着いておりますが、寄り付きに開けた窓を先にとりに行ってもらわないと前回同様に買いにくいです。そんなことを気にしない人の方が多いと思いますが、一回気になってしまうとなかなか頭から離れません。そんなことを気にしながら買いでスタートしてもちょっとしたブレで、そのことが頭をよぎり、ド安値で売ってしまうのが関の山です。

ただ、今日これぐらいの値段でNYが引けてしまいますとコマ足が陽転する可能性が強くなり、昨日陰転したレンコン足も鍵足0.5%も、6.50円以上で引けると陽転することになります。私のつけている3つのチャートが揃って上を向いてくるような状態になれば買っていきたいのですが、とりあえず今日の寄り付きに開けた窓を先に埋めてもらいたいものです。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
東京為替市場とFOMCのポイント
2007年06月28日 (木) 18:29 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

今日の東京為替市場は昨日のNY株式市場がしっかりとした値動きとなったため円キャリートレードが起こりやすい環境となったようで、本邦5月鉱工業生産・速報値も市場予想を下回る結果となり円売りドル買いが優勢となりました。また、外貨建て投信に伴う円売りも開始され円売りに加速を与えました。

しかし、中値後は米系投機筋の一部の円買いドル売りや国内機関投資による円買戻しなどにより再び円を買い戻される動きとなり往って来いの相場展開となりました。チャートでは今朝からポンド円以外は窓開けをしてから埋めきらずに上昇しておりますので、今後のさらなる調整をこなしてからの動きとなる可能性もありますので注意が必要だと思います。

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

ドル円では今晩(明朝)にFOMC発表がありますので注目されております。市場予想では金利については据置きがコンセンサスとなっており、注目されるのはその後に行われる声明文において、その内容とそれを受けた株式市場の動きなどです。

内容についてはインフレ懸念、サブプライム問題についての言及に焦点が合わされており、私が思う所ではインフレに関しては引き続き警戒感を表し、サブプライム問題ではベア・スターンズ・ショックが沈静化しつつあるので限定的なものとなると考えられます。また、以前にもあったようにインフレ懸念の後退から株が上昇してリスク許容度をました円キャリートレードが活発化する事も考えられますので、株・為替・債権などの動きにも注目だと思います。

ポンド円では今日のコマ足スタート値が246.04となっており現平均値が246.00となっている事からほぼ横一列となって再び陽転してくる可能性が出てきました。レンコン足では転換点が246.56となっておりますので、こちらもこれからNY引けまでの値動きにもよりますが陽転してくる可能性が出てきております。

ポンド円にもしても、今日のFOMC内容によって動きがあると思われますが、明日も年金資金を基にした外貨建て投信が入る予定でありますし、日英間の金利差は如何ともし難いものでありますので、金利差テーマの買い人気は続くのではないかと思われます。ただ、これまでポンドでは早期利上げ期待が高まっていたのですが、英国小売店販売が軟化してきているようなので消費動向に落ち着きが見られれば調整が入る可能性がでてきました。金利動向に関わるこのようなニュースはまたチェックしてきたいと思います。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
ヒロセ通商のホームページに掲示板!?
2007年06月28日 (木) 14:19 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

hirose_bbs.gif

「ヒロセのサービスはお客さまのお声を具体的な形にすることです。」
ヒロセ通商の代表取締役である細合俊一氏はさらにこう続けます。「お客さまのお声に可能な限り応えようというスタンスで商品の見直しを図っていくこと、そのツールとして掲示板を設置しております。」FX取引の魅力を最大限に享受するためには、まず第一に自分のニーズや投資スタイルに合った商品を選ぶことが大切になります。常に顧客の声に応え続けるヒロセ通商なら、その良きパートナーになるのではないでしょうか


<為替名人>
こちらは毎日の売買ポイントや雑観、コラムなどを綴ったヒロセ通商ならではの相場観ブログです。ぜひ、みなさんも日々のトレードの参考にしてみてはいかがでしょうか。

kazamidori.gif
↑毎日の売買ポイント・ファンダメンタルズ・テクニカルなどが見れます。


kousiki_bbs.gif
↑ウィークリーレポート・為替市況短観・原油市況短観・雑観などが見れます。


hosomiti.gif
↑鏑木 繁氏コラム 『先物罫線』など相場道を極める重鎮によるコラムです。


FX業界でホームページに掲示板を設置しているのは、恐らく私の知る限りヒロセ通商だけだと思います。顧客の生の声を聞いて、顧客の要望を実際に可能な限り取入れてしまうヒロセのスタイルはこの業界にはめずらしいと思います。そのスタイルの一つとして、以前から要望の多かったアイスランド・クローネの取り扱いを近々始めるようです
"為替名人"の3つのブログに関しても、非常に読みごたえのある内容となっており、特に注目すべき『かざみどり』ブログでは最近人気のあるトルコリラの相場観も書かれておりますので、みなさん要チェックです。


6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ

これまでの東京為替市場とランド円ポイント
2007年06月28日 (木) 13:39 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

ランド円コマ足0628
※画像をクリックして頂くと大きくなります。

(コマ足の見方)
陽線()→買いサイン
陰線()→売りサイン

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

これまでの東京為替相場は、昨日のNY株式市場がしっかりとした値動きとなったため円キャリートレードが起こりやすい環境となったようで、本邦5月鉱工業生産・速報値も市場予想を下回る結果となり円売りドル買いが優勢となりました。また、外貨建て投信に伴う円売りも開始され円売りに加速を与えました。

しかし、中値後は米系投機筋の一部の円買いドル売りや国内機関投資による円買戻しなどにより再び円を買い戻される動きとなり往って来いの相場展開となっております。ドル円やその他の通貨でも今朝から窓開け上昇となっておりますので、今後の動きの節目となる事も考えられます。本日はFOMCが発表となりますので、その後の株式状況など為替相場を動かす要因となりますので注意が必要だと思います。

さて、ランド円のコマ足陰線を形成しております。
今まで賃金インフレが懸念されており、ストライキの長期化などが経済に悪影響となる事が懸念されていたのですが、大手企業と労働組合との折り合いに光明が差してきたようで、今後の動きには期待できるようです。また、5月南アフリカ消費者物価指数(CPI)は前月比0.6%上昇、前年同月比6.9%上昇と市場予想と同じだったため、相場への影響は限定的であったようです。

商品市況では金が下落で原油は上昇となりました
金相場は月末を控えて再びリスク資産を圧縮する動きが強まり下落となったようです。原油相場は、米週間在庫統計でガソリン在庫が予想外に減少したことを受けて、供給懸念からの買戻しが入ったようです。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
豪ドル円、今後のポイントと戦略
2007年06月28日 (木) 12:26 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

豪ドル円コマ足0628
※画像をクリックして頂くと大きくなります。

(コマ足の見方)
陽線()→買いサイン
陰線()→売りサイン

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

これまでの豪ドル円相場は、オセアニア通貨であるNZドル円と同じように高金利を売りにした人気が強く大きく上昇してきました。また、以前は大干ばつの影響が懸念されておりましたが、農業生産力は回復してきており以前の爪あとなど経済に影響を与える程にはなっていないようです。今後の中国や新興国の台頭などで農産物や商品市況なども上向き基調が見込めるため、内部要因としては強気調が続くのではないかと考えられます。

昨日は尾身財務相コメントから連なる円キャリートレードの逆回転運動や、中国追加利上げ観測から纏まった調整局面がありましたが、NY株式市場がしっかりとした値動きとなると再び円キャリートレードが活発化し上昇となりました。

コマ足で見ると大きな陰線を形成しております。
レンコン足でも黒箱を形成しておりますので、目先のトレンドは下降基調となっております。今後の動きとしても金利差をテーマとした相場展開となる事が予想されます。ただ、オセアニア通貨の場合はドルやユーロなどより投機筋からのポジションが多いようで、本日発表となるFOMCやその後のNY株式状況などで再び円キャリートレード動向が加速すると纏まった動きとなりますので注意が必要となるようです。

移動平均線と値段の関係から見ると、右肩上がりの上昇をみせており25本線や75本移動平均線も上向き基調での推移となっておりますので、今後も上向き基調が続くように見えます。また値段が25本線にぶつかった辺りでの今日からの動き方も重要となってきますので注意してみていきたいと思います。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ

NZドル円、NZ経常収支発表後のポイント
2007年06月28日 (木) 11:12 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

NZドル円コマ足0628
※画像をクリックして頂くと大きくなります。

(コマ足の見方)
陽線()→買いサイン
陰線()→売りサイン

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

昨日のNZドル円相場は東京為替市場で、昨日のNY株式市場が下落して引けた事や原油・金価格の下落などで石油資源、非鉄、海運、商社株などの株式が軟調な動きとなり日経平均株価も1万8000円割れをしてきており、リスク許容度を低下させた投資家による円キャリートレードの逆回転が続いたようです。

欧米市場では序盤、米株式続落や中国の利上げ観測などで円キャリートレードの逆回転を招き下落する動きとなりました。また、米5月耐久財受注が市場予測を大幅に下回った結果となり、米景気の先行き不透明感が意識された事で売り込まれる所もありましたが、米製造業の持ち直し観測は強く値ごろ感や自律反発狙いの買いが入りやすい環境が整い、引けにかけては上昇し円キャリートレードによる円売りが優勢となったようです。

コマ足で見ると陰転となりました。
レンコン足でも黒箱を形成してきましたので、目先のトレンドとしては下降基調を描きつつありますので注意が必要な動きとなっております。また、コマ足で見た場合では91.50辺りにダマシがありますので、下降トレンドに加速が付けばその辺りを狙いに行く可能性はあるのではないかと考えられます。

しかし、下値では金利差重視の買い人気が高く、本日は大型外貨投信設定もあります。また、今朝発表となった1―3月期のNZ経常収支が22億1700万NZドルの赤字と市場予想平均より改善の向きが確認でき、5月のNZ住宅建設許可件数が前月比で5.5%増加となった事で買われやすくなっているようです。

移動平均線と値段の関係から見ると、円高調整をこなしながらでも値段や移動平均線の向きなどを見ると依然として強い線であると見る事ができます。ここら辺りで調整をこなしていくならさらなる上昇は十分見込める状態となってきますので、コマ足他などの動きをチェックしつつ見ていきたい所です。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
ユーロ円、今後の戦略とポイント
2007年06月28日 (木) 10:03 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

ユーロ円コマ足0628
※画像をクリックして頂くと大きくなります。

(コマ足の見方)
陽線()→買いサイン
陰線()→売りサイン

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

昨日のユーロ円相場は東京為替市場で、昨日のNY株式市場が下落して引けた事や原油・金価格の下落などで石油資源、非鉄、海運、商社株などの株式が軟調な動きとなり日経平均株価も1万8000円割れをしてきており、リスク許容度を低下させた投資家による円キャリートレードの逆回転が続いたようです。

欧米市場では序盤、米株式続落や中国の利上げ観測、来週に向けた大量のユーロ債償還利払い絡みの売りが先行する動きとなりました。ただ、対ドルでアジア中銀筋などの買いが入ったり、NY株式市場が持ち直してくると金利差重視の円キャリートレードが活発化したようです。

コマ足で見ると大きな陰線を形成しております。
レンコン足も陰転となっておりますので、トレンドとしては下降基調となる可能性が出てきました。ただ、下値では金利選好感からの買い需要も多く、本日は約5000億円程度の外貨投信が設定されており、明日には年金資金を基にした円売りも予定されているようで、実需を背景にした円売りがあるようです。FOMCではその後の声明文でサブプライム問題についての言及がされる事が焦点となっておりますが、私の知る限りでは然程問題視されないのではないかと思われます。

移動平均線と値段の関係から見ると、日足では25本線と75本線も上向き基調となっている事から流れとしては強いのではないかと思われます。調整局面で下げてはおりますが、この調整局面を過ごして再び上昇に転じる動きとなると面白くなるのではないかと思います。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ

ドル円、FOMCへのポイントと戦略
2007年06月28日 (木) 08:22 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

ドル円コマ足0628
※画像をクリックして頂くと大きくなります。

(コマ足の見方)
陽線()→買いサイン
陰線()→売りサイン

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

昨日のドル円相場は東京為替市場で、昨日のNY株式市場が下落して引けた事や原油・金価格の下落などで石油資源、非鉄、海運、商社株などの株式が軟調な動きとなり日経平均株価も1万8000円割れをしてきており、リスク許容度を低下させた投資家による円キャリートレードの逆回転が続いたようです。

欧米市場では米5月耐久財受注が市場予測を大幅に下回った結果となり、米景気の先行き不透明感が意識された事で売り込まれる所もありました。しかし、米製造業の持ち直し観測は強く下値では金利差をテーマとした買い需要も高く、NY株式市場が上昇に転じるとリスク許容度を増した投資家による円キャリートレードを誘い上昇となり、市場のムードはFOMC待ちの様子見ムードが高まりました。

コマ足で見ると大きな陰線となりました。
レンコン足でも陰転してきた事から、トレンド動向が下降基調を示すようになりました。しかし、今朝からも再び円売りが活発化されているように、下値では絶対的な金利差や外貨建て投信設定などを意識した円売り需要も高く、本日のFOMCや株式動向などにも注目したい所です。

FOMC発表では金利は据え置きが予想されており、その後の声明文でもインフレ懸念を織り交ぜたものとなる事が見込まれております。ただ、サブプライム問題によるベア・スターンズ・ショックが沈静化しつつありますが注意して見て行きたいと思います。

移動平均線と値段の関係から見ると、日足で25本線を抜ける所までの突っ込みがありましが、そこを抵抗線として再び反発してきました。25本・75本線ともに上向き基調となっておりますので、流れとして上向きには変化がないと思われます。これまでも上昇加熱感も感じられない相場であったので、今後も押し目を形成しながら上昇をするのではないかと思われます。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
ポンド円、今日の戦略とポイント
2007年06月28日 (木) 06:50 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

ポンド円コマ足0628
※画像をクリックして頂くと大きくなります。

(コマ足の見方)
陽線()→買いサイン
陰線()→売りサイン

ダメおやじのメルマガ!毎日朝夕2回配信で売買ポイントをチェック

おはようございます。
昨日のポンド円は動きましたね。私はフラットでノーポジションだったのですが、ここまで動きがあるとすぐさま参戦したくなってしまいます。しかし、そこはぐっと堪えて自分が課したルールに則って冷静にトレードをしていこうと決めましたので、何とかその事を堅守していきたいと考えております。

さて、昨日の為替相場は東京為替市場は、昨日のNY株式市場が下落して引けた事や原油・金価格の下落などで石油資源、非鉄、海運、商社株などの株式が軟調な動きとなり日経平均株価も1万8000円割れをしてきており、リスク許容度を低下させた投資家による円キャリートレードの逆回転が続いたようです。

欧米市場では米5月耐久財受注が市場予測を大幅に下回った結果となり、売り込まれる所もありましたが、下値では金利差をテーマとした買い需要も高く、NY株式市場が上昇に転じるとリスク許容度を増した投資家による円キャリートレードを誘い上昇となり、市場のムードはFOMC待ちの様子見ムードが高まりました。

コマ足で見ると陰線を形成してきました。
これで2本目のしっかりとした陰線を形成してきましたので、目先の下落に拍車がかかる可能性が出てきました。また、レンコン足でも陰転となってきましたので、これらのトレンド系チャートが再び陽転するタイミングを見はかりながら参戦していきたいと考えております。本日はFOMC発表やその後のNY株式市場の反応なども値段を動かす要因となると思いますので、しっかりとチェックしていきたいと思います。

移動平均線と値段の関係から見ると、第一の目標として日足25本移動平均線に接触する辺り(242.80円どころ)、次の目標としては百歩譲って行き過ぎも含めて日足75本移動平均線と6月8日の安値(237.62円)これを少しでも抜けるようなところがありますと、チャートが崩れ、総投げ場面となり、ここら辺が最終的な目標だと思います。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
6月28日(木)気学為替予想!
2007年06月28日 (木) 06:01 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

干支・・・みずのと巳

九星・・・七赤

日柄と行事・・・天一天上・万倍日・貿易記念日

太陰暦・・・十四日

六曜・・・赤口→吉日ではない正午のみ吉朝夕は控え目

中段・・・とづ→何事も閉づといい開店旅立事始めなどには凶

二十八宿・・・斗→井戸掘倉庫建築等は吉

下段・・・十死→黒日に次ぐ凶日で殊に婚礼・葬儀を忌む

相場の波動・・・安値にある時は小底入れをみる日なり


ここにはいろいろな気学占いがありますが、この中でどの占いが一番自分の注目している通貨にあっているのか!?を研究しながら使ってみれば確実性は段違いにアップします。

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
6月28日(木)経済指標発表!
2007年06月28日 (木) 04:15 | 編集
FXで年5000万以上稼ぎ、2年5ヶ月で1億3587万円を手に入れた方法!?5位の長谷川さんをチェック→人気blogランキング

重要度指標内容前回値予想値
-07:45(NZ) 第1四半期経常収支-39.29億NZD-24.50億NZD
07:45(NZ) 5月住宅建設許可 [前月比]+0.7%-
-08:50(日) 6/23までの対外及び対内証券売買契約等の状況--
08:50(日) 5月鉱工業生産・速報 [前月比]-0.2%+0.9%
(日) 5月鉱工業生産・速報 [前年比]+2.2%+4.8%
-16:55(独) 6月失業者数+0.3万人-2.0万人
16:55(独) 6月失業率9.2%9.2%
-17:00(ユーロ圏) 5月マネーサプライM3・季調済 [前年比]+10.4%+10.4%
18:30(南ア) 5月生産者物価指数 [前月比]+1.7%+0.9%
-21:30(加) 5月鉱工業製品価格 [前月比]+0.2%+0.2%
-21:30(米) 6/24までの週の新規失業保険申請件数32.4万件31.0万件
21:30(米) 第1四半期GDP・確報値 [前期比年率]+0.6%+0.8%
21:30(米) 第1四半期個人消費・確報値 [前期比]+4.4%-
27:15(米) FOMC政策金利発表--

6月の円安天井をずばり解説!5位のロガーロさんをチェック!→為替ブログ
FX Powered by Dameoyaji
Copyright© 2006-2015 DAMEOYAJI All Rights Reserved.