DMM FX

兼業投資家がFXで勝つ秘伝書プレゼント!
仕事をしながら、取引時間がない人向け専用
サラリーマンや主婦の方は必見です!

ダメおやじ愛用トレードシステム!LIONFX!
レバレッジ規制対象外!法人口座開設も可能
限定キャッシュバックキャンペーン実施中

クリック証券

FX取引高 世界1位!
最大25,000円キャッシュバック
キャンペーン実施中!

FX税金対策
2013年02月15日 (金) 18:00 | 編集
  にほんブログ村 為替ブログへ

 FX初心者のためのFX会社紹介 ダメおやじ流 FX比較サイト
 外為オンラインで執筆中! 兵ブロガーの相場予想
 ブロガー直撃インタビュー FXブロガーズインタビュー
 相場でお悩みの方はこちら→ FXなんでも相談室
 みんなで一週間の為替予想! ダメおやじの週間崖っぷち予想


FX税金1

FX取引で利益が出た場合は確定申告にて申告をしなければなりません。
2013年2月16日~3月15日に受付がされる今年の確定申告の取引対象期間は2012年1月1日~12月31日のFX取引の結果が反映されます。給与所得がある方で、FX取引の利益が年間20万円を超える方、給与所得がない方で、FX取引の所得が年間38万円を超える方は必ず申告をしなければなりませんのでチェックしましょう。ここで指すFXの利益とは、期間中に決済によって生じた損益と期間中に決済したスワップ損益の合計になります。


FX税金2

FXの課税方法は申告分離課税で一律20%となっています。ただ、確定申告時には他の所得がある方はそれぞれ申告しなければなりません。例えば、給与所得が500万円でFX利益が500万円の人の場合は給与所得は総合課税になり、税率30%がかかり150万円となります。ただ、控除が42.75万円ありますので差し引きすると100.725万円の課税がかかる事になります。次にFXの場合は申告分離課税で20%なので100万円の税金がかかります。これを合算すると200.725万円になります。


FX税金3

また、FX以外の日経平均先物や先物取引をされている人は、それらの損益を通算する事ができます。例えば、店頭FXで100万円の利益が出て、取引所FXで30万円の損失が出た場合、70万円分の利益で計算する事ができます。

FX取引でかかった取引手数料や入出金の際にかかった振込手数料、口座開設にかかった郵送代など、FXをするために直接かかったものは経費として計上することは認められているようです。パソコン代や通信費、新聞、雑誌、セミナー参加費など経費として計上することも可能なようですが、所轄の税務署によって判断が分かれるようですので最寄りの税務署に問い合わせるか手続きを税理士に相談してみると良いと思います。

※今回はヒロセ通商さんのHPにわかりやすい説明がありましたので活用させてもらいました。


FX Powered by Dameoyaji
Copyright© 2006-2015 DAMEOYAJI All Rights Reserved.